美白対策

美白対策をしている人といない人の違いは?

フラーレンの効果


皮膚と言うのは、日光に含まれる紫外線を浴びる事でメラニンの生成を促してしまう働きがあります。そしてメラニンが生成されると、肌にはシミやそばかすといった、美肌の天敵が出来てしまうのです。だからこそ、美しい肌を維持するためには、メラニンの生成をおさえる必要があるのです。そのため、美肌効果を謳う化粧品の多くに、メラニンの生成をおさえる成分が含まれているのです。

 
そしてそんなメラニンの生成をおさえるのに、特に有効で大人気となっている成分がフラーレンです。しかもこれは、メラニンの生成をおさえるのに有効なだけでなく、美肌になるために必要な美容効果を数多く含んでいます。例えばエイジングケアに欠かすことのできない抗酸化作用についてはビタミンCの100倍以上はあると言われているし、皺形成の抑制効果や毛穴を引き締める効果、肌に張りを与えるコラーゲンの生成能力等も有しているのです。

 

しかもコラーゲンの生成能力に関しては、プラセンタの800倍という飛んでもなく高い効果を持っています。なのでコラーゲン不足で、皺やたるみが生まれた肌の改善にも大いに役立ちます。この様に一つの成分でシミやそばかすの対策を取りつつ、同時に皺や肌の張りを与える効果も期待出来ます。だからこそ、この成分一つで大抵のお肌の悩みは解消出来るという、美容にとっては強い味方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アルブチンの効果とは


シミやソバカスの原因は、メラニン色素の異常沈着です。
メラニンは紫外線障害からDNAを守るために人間が持っている防御能力のひとつで、皮膚の下層にあるメラノサイトという細胞で作られます。皮膚が紫外線を浴びるとメラノサイトが活発になってメラニンを作り、近くにいる皮膚細胞にメラニンを注入します。その皮膚細胞は、皮膚のターンオーバーによって、通常28日間かけて皮膚表面に上がっていき、最後には垢としてはがれ落ちます。

 
しかし、皮膚の代謝が悪かったり、多くの紫外線を浴びたためにメラニンが作られ過ぎた場合には、メラニンが肌に残った状態になり、シミやソバカスになります。
すなわち、シミやソバカスは、体の防御能力がいびつになったために、外見上の不具合が出てしまったという状態です。

 
メラノサイトでメラニンを生成するのがチロシナーゼという酵素です。紫外線刺激によってチロシナーゼが過剰に分泌されると多くのメラニンが合成されることになります。このチロシナーゼの働きを抑制し、メラニンの生成をおさえる効果がある成分を用いたスキンケア化粧品が注目されています。その一つが、アルブチンです。メラニンの生成をおさえることで、色素沈着の予防に効果が期待されることから、シミやソバカスが気になる方は、これを配合したホワイトニング化粧品を選ばれるとよいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ハイドロキノンの効果


メラニン色素を薄くすることで肌が白くなるという、新時代の化粧品成分として注目されているハイドロキノン。
主にメラニン色素を作らせないことで肌の黒化を予防するという従来の成分と違って、この新成分はできてしまったメラニン色素を薄くする効果があります。
そのため整形外科でのレーザー治療しかないと諦めていたようなシミや色素沈着に対しても、自宅でのケアが可能になるという点で非常に画期的と言えます。

 
効果は個人差がありますが、2週間ほどで変化が見られるという人もあります。
効果がある場合もない場合も、最長で3ヶ月ほどを目安にして使用することが勧められます。
というのも作用が大変強力なものであるため、肌にとっては刺激ともなり、人によっては肌が赤くなったりかぶれたりすることがあるからです。
「肌の漂白剤」との別称もあるほどの効果の高い成分ですので、使用には注意が必要です。
また成分の濃度も商品によって異なりますので、まずは1%程度の低濃度から初めてみるとよいでしょう。

 
日本では濃度の低いものは市販されていますが、4%以上と濃度の高いものは病院で処方してもらうことになります。
濃度が高いほど効果が出やすいといえども肌への刺激となっては元も子もありませんので、自分にあった濃度のものを正しく使用することが肝心です。

 

 

 

 

 

 

 

 


ビタミンCの効果


肌を紫外線から守るために生成されるのがメラニン色素ですが、一度これができてしまうと、肌がターンオーバーするまで黒いままとなります。ターンオーバーがうまくいかないと、メラニン色素がうまく排出されず、シミになって残ってしまう場合があります。

 

このメラニン色素を薄くするためには、ターンオーバーを促進することが肝心となります。メラニン色素を薄くするための栄養素として不可欠なのは、ビタミンcです。この栄養素は、コラーゲンを合成するために必要なビタミンのひとつで、皮膚、粘膜の代謝には非常に重要です。この働きのため、肌の正常なターンオーバーを促すほか、柔らかな美肌に導きます。坑酸化作用もあるため、老化によるシワやたるみの予防にも効果があります。この栄養素は、人間の体内で合成することができませんが、野菜や果物から比較的簡単に摂取することができます。

 

ただし、水溶性で水で流れやすい、熱に弱いなどの弱点がありますので、野菜であればゆでこぼすよりスープなどにして、煮汁も摂取すること、果物などの生で食べられるものを選ぶことが重要です。また、この栄養素は、体内に蓄積しておくことができません。必ず毎日欠かさず取るよう心がけることが必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


美白化粧品を選ぶ基準


以前までは、女性でも日に焼けた肌が健康的であるという考えが主流でした。ですが現在では、太陽光に含まれる紫外線が皺やシミの原因となる事が分かっており、美白こそが肌の健康を保つのに必要な事だと考えが改まっています。だからこそ、多くの女性が今や如何にして自分の肌を白くし、それを保つかという事を目指しています。

 
そして美白を実現するのに必要なモノと言えば、美白化粧品です。とはいえ化粧品売場に行けば、そういった化粧品は実に数多く売られており、どれを買えば良いか迷ってしまうモノです。そんな美白を目指すのに、必要な化粧品の選び方ですが、基本としてはやはり美白に有効な成分がきちんと含まれているかどうかをチェックする事です。

 
美白の敵としては、シミやそばかすが出来てしまう事ですが、それらはメラニンが生成される事で生まれてしまいます。だからこそ、メラニンの生成を抑える事が出来る、アルブチン、コウジ酸、ビタミンC誘導体、ルシノール等の成分がきちんと入っているかを確認する事が重要です。更に自分の肌質も考慮し、シミとそばかすのどちらが出来易いか否かにより、選ぶべき化粧品も違って来ます。だからこそ成分をきちんとチェックしつつ、ネット等の口コミ評価を参考にして、評判が良く自分の肌質に合いそうな化粧品を選ぶべきです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


日焼けに効く食材


fluets480

 

ここ最近は色白がブームとなっています。うっかり日焼けした方、今からでも遅くはありません。お肌にいいといわれている栄養素をしっかり補って、体の中からきれいになりましょう。

 
美肌には何と言ってもビタミン類です。特にビタミンCは、免疫力アップや発がん防止、シミの元である黒色メラニンの合成を抑えてくれたり、お肌の弾力を左右するコラーゲンの生成に関わってたりと美容と健康にかかせない栄養素です。重要な役割を果たすビタミンですが、私たち人間は自分で作り出すことができないので、日々の食事から摂取することになります。豊富に含む食材はパセリ、ブロッコリー、ビーマン、アセロラ、他にはレモンやミカンなどのかんきつ類です。ビタミンCは熱や光に弱く、水溶性であるためできるだけ生で食べるか、スープやジュースにして汁ごと飲みましょう。

 

また酸化しやすい特徴もあるので、あまり時間をおかず果物は皮をむいたらすぐに食べるほうがいいです。更に、吸収率を上げるためカルシウムを一緒に摂ることも有効です。おすすめはフレッシュフルーツをトッピングしたヨーグルトです。しかし、一度にたくさん摂取しても腸で吸収する量に限りがあるため、余分な量は尿と一緒に排出されてしまいます。食材は一日数回に分け、バランスよく摂取したほうが効率がいいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ホワイトニンググッズの特徴


美しい肌を保つためにはまずは紫外線対策は欠かすことができません。

特に日中の外出時には紫外線の影響が大きいですから、日焼け止めクリームで肌を守ること、UVカット機能のある化粧下地やファンデーションをつけておきたいものです。

さらに防止や日傘、サングラスなども紫外線対策に役立ってくれます。

そして、帰宅後のケアもとても大事となります。

紫外線は努力していても完全に防ぐというのは難しいですから、その後も油断せず、シミやシワができないようしっかり対策していきたいものです。

ホワイトニンググッズにも様々な種類がありますが、特に利用が多いものに、化粧水や美容液といったホワイトニング対策の化粧品があげられます。
ビタミンCやアルブチンなどのホワイトニング効果のある成分が含まれていますので、成分や働きなどもしっかり比較して肌に合うものを選んでいきましょう。

そして肌のターンオーバーを促進させることも大事ですので、ピーリング効果のある石鹸や化粧水などを利用してみるのも良いですし、ターンオーバーを正常にするためにも夜更かしせず睡眠はしっかりとるように心がけたいものです。

そして内側からのケアも大切ですので、ホワイトニング効果のあるサプリメントを利用するのも良いですし、美容ドリンクなどもおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


日焼け止めの選び方


紫外線の量は夏が最も多いと思っている人もいるかもしれません。
しかし3月から徐々に増え始め6月にはピークを迎えます。また午前10時から午後2時の間が多いので紫外線対策として日焼け止めを上手に使わなければなりません。

 
紫外線にはA波とB波があります。A波は地上に届く95%、B波は5%の紫外線であり「PA」はA波、「SPF」はB波を防止する効果を表しています。覚えておきたいのは値が高いほど日焼けに対しての効果はありますが肌の負担も大きくなるということです。そのため子供や顔などにはこれらの値が低いもの(子供用もあり)、体には高いもの(体用もあり)をおすすめします。

 
また夏によく使われるウォータープルーフタイプは落ちにくいため人気ですがそれだけ肌への負担が高くなります。汗をかきやすい人、長時間水に入る人にはおすすめですが、室内で過ごして汗や水で流れ落ちる可能性が低い人には手軽に塗れるタイプをおすすめします。
具体的には日常生活であれば夏はSPF10~20、PA+、マリンスポーツやスキーであればSPF50、PA+++をおすすめします。

 
塗り方は肌に丁寧に優しくムラなくのばし、2~3時間おきに塗りなおせば効果的です。また肌に残っているとトラブルを引き起こす元になるため、しっかり落とすことも大切です。


うっかり日焼けをしないために


うっかり日焼けは自分が気づかないうちに肌が紫外線を浴びてしまいシミやしわが出来てしまう事です。このような日焼けが出来てしまってもケアを行えばある程度は良くなりますが、時間がかなりかかり現実性がありません。なので、出来る前にしっかり1年中対策する事が重要です。

 

一番気を付けたい事は紫外線で、肌は紫外線を雨の日でも浴びてしまうので外出する時は日焼け止めなどのクリームをしっかり塗らないといけません。雨の日はクリームを塗っておけば紫外線対策が可能ですが、晴れの日は気を付けないといけません。また、夏は冬より気温が高く、紫外線の量も増えるのでしっかりした対策が必須です。晴れの日は日が当たる全ての肌にクリームを塗り、日傘を刺したり帽子を被って外出しましょう。夏はクリームの効果が切れるのが早いので日焼け止めは常に持ち歩いておくと効果的です。

 

また、外出しようとした時に日焼け止めがなかったら良くないので、新しい物を1つくらいストックしておくと安心です。外出した日は保湿ケアなどをしっかり行うと清潔な肌の状態をキープする事が出来るので忘れずに行うと効果的で、ビタミンやコラーゲンなどの栄養成分もしっかり摂取すると日焼け対策出来ます。