美白対策

美白対策をしている人といない人の違いは?

アルブチンの効果とは


シミやソバカスの原因は、メラニン色素の異常沈着です。
メラニンは紫外線障害からDNAを守るために人間が持っている防御能力のひとつで、皮膚の下層にあるメラノサイトという細胞で作られます。皮膚が紫外線を浴びるとメラノサイトが活発になってメラニンを作り、近くにいる皮膚細胞にメラニンを注入します。その皮膚細胞は、皮膚のターンオーバーによって、通常28日間かけて皮膚表面に上がっていき、最後には垢としてはがれ落ちます。

 
しかし、皮膚の代謝が悪かったり、多くの紫外線を浴びたためにメラニンが作られ過ぎた場合には、メラニンが肌に残った状態になり、シミやソバカスになります。
すなわち、シミやソバカスは、体の防御能力がいびつになったために、外見上の不具合が出てしまったという状態です。

 
メラノサイトでメラニンを生成するのがチロシナーゼという酵素です。紫外線刺激によってチロシナーゼが過剰に分泌されると多くのメラニンが合成されることになります。このチロシナーゼの働きを抑制し、メラニンの生成をおさえる効果がある成分を用いたスキンケア化粧品が注目されています。その一つが、アルブチンです。メラニンの生成をおさえることで、色素沈着の予防に効果が期待されることから、シミやソバカスが気になる方は、これを配合したホワイトニング化粧品を選ばれるとよいです。