美白対策

美白対策をしている人といない人の違いは?

今の時代、紫外線対策は常識?


紫外線対策は女性に必要だと思っている方が多いのかもしれません。
しかし、紫外線はカラダにとって悪影響を与えてしまいます。

フロンガスや二酸化炭素の排出が原因で、大気圏のオゾン層が破壊されてしまい地球温暖化などの環境問題が大きく話題になっています。
オゾン層は太陽からの有害な紫外線を吸収し生態系を守る役割をしています。
しかし、オゾン層が破壊されたことにより、紫外線をカット出来ず有害な紫外線が降り注いでしまいます。

小麦色に焼けた肌がカッコいい!という時代もありましが、今は男性でも紫外線対策をしなくてはいけない時代ですね。

紫外線にはUV-C、UV-B、UV-Aの三種類あることはご存知ですよね?
中でもUV-BとUV-Aが影響を与えるものです。

紫外線は天気の良い晴れた日に強いと思いがちですが、実は曇りの日でも紫外線は降っているんですよ。
真夏に紫外線量が多いのは当然ですが、5月から9月は紫外線量はかなり多くなります。

一日の中では午前10時から午後2時までの間が一番強い時間帯と言えます。

日焼け止めを塗るなどして対策されている方も多いかもしれません。
しかし、朝に一度塗っただけじゃダメなんです。
一日の中で何度か塗りなおさないと効果は薄れてしまいますよ。