美白対策

美白対策をしている人といない人の違いは?

紫外線対策は常識Ⅱ


前回、紫外線が人体に悪い影響を及ぼすことについてお話ししました。
紫外線対策としてまず思いつくのが「日焼け止め」

日焼け止めには様々な種類がありますので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。
日焼け止めを使ったことがある人なら、一度は、SPFやPAの表示を目にしたことがありますよね?

SPFというのは、おもにUV-Bを防ぐ値を表しているもの。
もともとSun Protection Facterの略ですね。このSPFの数字が高いと効果が高いと言えます。

PA とは、Protection Grande UVAの略。
こちらは、主にUA-A の防止効果を表すものです。
+の数が多いものが効果も高いのです。

しかし、数値が高いものを選ぶのが正解か?と言われると、そういう訳でもないのです。
日常の生活の中ではSPAが低いものでも十分だと言われています。
長い時間太陽の下で過ごす時や、レジャー、スポーツをする時などに使うなど、用途に応じて使い分けるのがおススメです。

また、日焼け止めを一度塗って一日過ごす・・・なんて事ありませんか?
朝に一度塗っただけでは日焼け止めの効果を得ることは出来ないのです。
こまめに塗りなおすことが大事なんですね。

また夏場は汗をかくので、日焼け止めが落ちやすくなりますので、やはりこまめに塗る必要がありますね。